浮き指

外反母趾研究所・東京本部

0120-589-889

〒175-0091 東京都板橋区三園1-20-8

浮き指

浮き指

症状について

浮き指とは文字どおり足指が浮き上がって地面に接していない状態のことをいいます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

人間が立っている時は踵から指までがきちんと接地していることが理想ですが、浮き指になると指が地面に接していないため体のバランスが不安定になりがちです。



浮き指

バランスが不安定になることで姿勢が悪くなったり、疲れやすくなったりするともいわれています。


浮き指そのものに痛みはありませんが、指が浮いて靴に擦れることでタコができて痛むケースがあります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

浮き指で問題なのは立っている時よりも歩いている時で、指ではなく指のつけ根で体重を支えて歩くため、外反母趾をはじめとした足のトラブルを誘発することにあります。


浮き指でハイヒールを履けば、指が踏ん張れずに足が前方に滑り落ちるため、指は靴先に押し込まれさらに機能しなくなります。


私は、浮き指のスポーツ選手にはケガが多かったり、努力して練習を重ねても結果を出せなかったりするケースが多いと考えています。


なぜなら、本人は気づいていませんが、指に力を入れて走る・踏ん張る・蹴り出す・体を安定させる・ジャンプするなどのパフォーマンスが低下しているからです。

原因についての考察

一般的には子どもの頃にサイズの合っていない靴を履いていたり、運動不足(あまり歩くことをしていない)が原因とされています。


しかし私は、子どもの頃から『悪い歩き方=指で体重を支えていない歩き方』をしていることが根本的な原因だと考えています。


足指は手の指と同じように曲げる・伸ばす・開く・閉じるための筋肉がありますが、歩いている時や立っている時、特に靴の中ではこのような動きを足指はほとんどしていません。


実は、足指を曲げる・開く・閉じるための筋肉は、指が体重を支える時に関節をしっかり固定して体を安定させるために働きます。

足趾荷重

しかし、浮き指の方は指が体重を支える仕事をせずに、指を伸ばす(浮かす)筋肉だけを使って歩いているためアンバランスが生じて指が浮き上がっていきます。


手の指と違って足指は他人と比較することがほとんどないため、自分の浮き指が普通の状態であると認識してしまっている方が非常に多く見られます。


最初は指に体重を乗せずに浮かしている習慣から足が退化して開張足となり、さらに今度は開張足が進行することで浮き指が進行してしまうという悪循環に陥ってしまいます。

治療法についての考察

一般的には、サイズの合った靴を履くことや、インソールの対応がなされていることが多いようです。


また、ストレッチやタオルギャザー(足指を使ってタオルをギュッと引き寄せる運動)で足指の筋力を鍛える指導もされていますが、私はそれだけでは全く不十分だと考えています。


なぜなら、足指は毎日数千回、数十kgの体重を支えて歩くことが本来の仕事だからです。

yurikagoaruki


『指で体重を支える歩き方=ゆりかご歩き®』で足指の筋肉をバランスよく使うことが、浮き指の根本的な改善になると考えています。

外反母趾研究所 代表 古屋 達司

TOP