内反小趾

外反母趾研究所・東京本部

0120-589-889

〒175-0091 東京都板橋区三園1-20-8

内反小趾

内反小趾

症状について

内反小趾は親指が外側(第2趾側)に曲がる外反母趾とは対称に、小指が内側(第4趾側)に曲がってしまう状態のことです。

内反小趾

小指のつけ根が出っ張って靴に当たるため、炎症を起こしたりタコができて痛むこともあります。


内反小趾は外反母趾の足に多く見られることから「外反母趾だから内反小趾になってしまった」と思われがちですが、実は開張足が大きな影響を与えています。


内反小趾は外反母趾の足に多く見られますがが、内反小趾だけ単独で発症するケースも少なくありません。

 

原因についての考察

一般的には、遺伝による足の構造・開張足の進行・靴による圧迫などが原因といわれています。


確かに外反母趾を合併している内反小趾の場合は、開張足の進行が大きな原因だと考えられます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

しかし、単独の内反小趾の場合、私は小指側に極端なストレスをかけて歩いていることが大きな原因と考えています。


単独の内反小趾の方の歩き方をチェックすると、ほとんどが次の2つのパターンに分類することができます。


①足が接地する際に小指側から着いてしまうため、靴からの過大な衝撃・圧迫を受け続ける


②足が接地する際につま先を外側を向けて着いてしまうため、体重移動が小指のつけ根で止まり靴の圧迫を受け続ける

内反小趾の接地

どちらにしても小指側に過度のストレスが蓄積されるため、第3~5中足骨間だけが緩む特殊な開張足になっています。

治療法についての考察

一般的には、横アーチサポートのインソール・つま先が当たらない靴・サポーター・ストレッチやタオルギャザーなどが処方されています。


私は、外反母趾を合併している内反小趾の改善には、先ず開張足の進行防止・改善から行わなけれならないと考えています。


開張足の主な原因は『指を使わない歩き方』による背側骨間筋の退化と考えているので、背側骨間筋を使う正しい歩き方=『指で体重を支える歩き方』=『ゆりかご歩き®』を日常生活に取り入れるよう指導しています。

背側骨間筋と開張足

また、単独の内反小趾の場合は、足が接地する際の2つの悪いパターンから改善させることが重要となります。


単独の内反小趾の場合は、接地状態を改善させると体重やストレスがほとんど小指側にかからなくなるため、外反母趾よりも早く痛みが消失します。


ただし、内反小趾の場合は外反母趾と比べて変形の改善はあまり期待できません。


なぜなら、『ゆりかご歩き®』は体重が小指を通過しないので、退化した小指の筋力強化(リハビリ)を行うことができないからです。

外反母趾研究所 代表 古屋 達司

TOP