開張足

外反母趾研究所・東京本部

0120-589-889

〒175-0091 東京都板橋区三園1-20-8

開張足

開張足

症状について

開張足(かいちょうそく)は足の横アーチが崩れて、親指のつけ根から小指のつけ根までの足の幅が広がってしまう状態の足のことです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

一般には横中足靭帯と呼ばれる中足骨同士をつなぎとめている靭帯が緩むことで足の幅が広がってしまうと考えられています。

横中足靭帯

横アーチが崩れて人差し指や中指のつけ根が靴に当たることで、角質や魚の目ができたり痛みが発症します。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

以前履いていた靴の横幅がきつくなって履けなくなってしまった方は、この開張足が進行していると考えられるので要注意です。


というのも、実は外反母趾などの足のトラブルは、開張足が進行するのに比例して症状が悪化していくからです。


開張足の著明な進行は特に中高年以降の女性の方に多くみられるため、この年代の方は外反母趾の変形や痛みの進行をさらに実感するようになります。

 

原因についての考察

原因については諸説あり、ヒールの高い靴によって前足部にストレスがかかることで、横アーチが崩れて開張足になると指摘されています。


他には運動不足からの筋力の低下や地面からの衝撃などダメージの蓄積が原因ともされています。


開張足は横中足靭帯が緩むことで発症するとされていますが、私は『指を使わない歩き方』によって背側骨間筋という筋肉が退化して横アーチが崩れると考えています。

背側骨間筋と開張足

私が開張足の改善に横中足靭帯よりも背側骨間筋を重要視しているのは、筋肉は意識を持って使えば鍛えることができるからです。


もし、開張足の原因が横中足靭帯の緩みだけにあるならば、靭帯という組織は緩んでしまうと復元できないため、開張足になってしまうと改善は不可能となってしまいます。


しかし、開張足の原因に背側骨間筋の退化も関与しているとするならば、意識を持って背側骨間筋を鍛えれば開張足を改善させることが可能となります。

 

治療法についての考察

一般の治療では、インソールによって横アーチをサポートする処方を用いることが多いようです。


また、タオルギャザー(足指を使ってタオルをギュッと引き寄せる運動)で足裏の筋力を鍛える指導もされています。


私は『指を使わない歩き方』による背側骨間筋の退化が開張足の主な原因と考えているので、背側骨間筋を使う正しい歩き方=『指で体重を支える歩き方』を日常生活に取り入れるよう指導しています。

yurikagoaruki


この『指で体重を支える歩き方』が私が提唱している『ゆりかご歩き®』で、指で体重を支えて歩くことで指のつけ根(中足骨骨頭部)への過剰なストレスがなくなるため、緩んでいる横中足靭帯へのさらなるストレスを減少させることも可能となります。


外反母趾外来で開張足の形の改善についてご質問を受けることがありますが、「靭帯の復元は困難なため、足の横幅を元に戻すのは難しいですが、歩き方を変えて筋肉を鍛えていけば現状よりは改善していきます」と説明しています。


ただし、経過年数の長い開張足のケースでは、横中足骨靭帯が伸びきって背側骨間筋の委縮も重度なため、『ゆりかご歩き®』をしても改善は難しいと考えています。

外反母趾研究所 代表 古屋 達司

TOP