【大袈裟ではなく先の人生が明るくなりました】

外反母趾研究所・東京本部

0120-589-889

〒175-0091 東京都板橋区三園1-20-8

【大袈裟ではなく先の人生が明るくなりました】

クライアント様からの喜びの声

2020/09/09 【大袈裟ではなく先の人生が明るくなりました】

 

 

東京都 府中市 M.K様 60代 女性

 

外反母趾歴はかれこれ20数年。右の変形は強いのですが現在は痛みはほぼ無し。

 

しかし最近第2趾にタコができて痛くなり、変形が進行している?と心配になりました。

 

老後に備えてきちんと足の問題に向き合おうと決めて情報を検索。

 

昔から歩き方が悪いのではないかと思っていた事もあり古屋先生のウェブサイトがとても本気で説得力がありました。

 

まず先生の本を読み、すぐに初診の予約をしました。初回は足と歩き方を観察され問題を的確に解りやすく指摘頂いたところで、正しい歩き方を体感するためのユニークなメソッドを経験。

 

テーピングをし課題を出されました。週に一度の通院が続きますがその都度調整がくりかえされました。そして段々にゆりかご歩きがこなれていくと、タコが軟らかくなり痛みが消失、テーピング解除は嬉しかった~。

 

とにかく歩くのが楽しくなる、速くなる、電車の一駅分歩くなんてどうって事無くなりました。

 

低いヒールでもパンプスを履くと点字ブロックは当然、屋内の床でもすぐに足裏が痛くなり歯を喰いしばって歩いていたのが嘘のように楽になり感動!

 

実は靴が大好きな私は外反母趾でも歩きやすい、足の形にあった高価なパンプスを買ってしまうのですが、ペタペタ歩きのために大切な靴先をすぐに傷つけて悲しい思いをしていました。

 

今はその心配も無くなりました!

 

良い事がドンドン現れるので(これまでがあまりにも酷かった?!)通院は少しも苦にならず、先生に日々の変化を聞いて頂くのが楽しみでした。

 

約4ケ月で卒業!と言って頂いた時は本当に嬉しく、大袈裟ではなく先の人生が明るくなったと思いました。

 

最後の診療の時に先生が「まだ足指が伸びますよ」とおっしゃいましたが、今までいじけた様に丸まっていた母趾以外の趾が徐々にですが素直な感じに伸びてきました。

 

爪の形も良くなったようですしサンダルを履くのが楽しみです。歩くことは健康に欠かせませんから、私は本当に大きなものを手に入れることができたと思います。

 

古屋先生、“壁ドン”の先生本当にありがとうございました。

 

■■□―――――――――――――――――――□■■

外反母趾研究所

【住所】〒175-0091  東京都板橋区三園1-20-8

【電話番号】0120-589-889

■■□―――――――――――――――――――□■■

TOP