改善例6 N・Y様(20代 女性 会社員)

外反母趾研究所・東京本部

0120-589-889

〒175-0091 東京都板橋区三園1-20-8

受付時間 月曜~金曜 9:00~11:30/15:00~19:00 初検の方・土曜は予約制
休診日 日曜、祝日

改善例6 N・Y様(20代 女性 会社員)

改善例

2014/08/27 改善例6 N・Y様(20代 女性 会社員)

八尾

 

この方は外反母趾による左親指の付け根全体の痛みで外反母趾研究所にいらっしゃいました。

 

以前から外反母趾気味だったのですが、2年前に足裏マッサージを受けた時に、左親指の付け根を強く押されたことによって症状が悪化してしまいました。

 

痛みと腫れで足を着くことができなかったので整形外科を受診しましたが、湿布が出されただけでした。

 

また、市販の装具も試してみましたが効果がなく、長い間かばって歩いていたために、膝や腰にまで痛みが出るようになっていました。

 

初診時のN・Yさんは左親指の付け根の痛みで足指に体重をかけて歩く事ができず、足指でグーをしてもらうと上手に握れずブルブルと足が震える状態でした。

 

2年もの間、親指をかばって生活していたので、かなり辛そうでしたが、治療開始から21日目で痛みが半分に減り、足指の動きが良くなってきました。

 

61日目で親指の腫れが引いて体重をかけて歩けるようになり、116日目(3ヶ月と24日目)で症状が消失したため、治療を終了しました。

 

上の写真はフットルックで初診時と終了時の足の状態を比較したものですが、左の足指の着き方がとても良くなりました。

 

また、初診時は親指の付け根をかばって外側に体重をかけて立っていたのが、しっかりと親指や付け根の部分に体重がかけられるようになっています。

 

外反母趾の角度もわずかですが、右21.9度が20.3度に、左24.3度が23.6度とそれぞれ改善されています。

 

あのまま、親指をかばった生活を続けていたら、数年後にはもっと悪化していたことでしょう。

 

外反母趾研究所

〒175-0091

住所 東京都板橋区三園1-20-8

電話 0120-589-889

当院のFacebookページはこちら

http://on.fb.me/1w1lHSd

TOP