改善例8 K・Y様(30代 女性 会社員)

外反母趾研究所・東京本部

0120-589-889

〒175-0091 東京都板橋区三園1-20-8

受付時間 月曜~金曜 9:00~11:30/15:00~19:00 初検の方・土曜は予約制
休診日 日曜、祝日

改善例8 K・Y様(30代 女性 会社員)

改善例

2014/12/03 改善例8 K・Y様(30代 女性 会社員)

kaizenn8

こちらの方は左足裏のタコの痛みで外反母趾研究所にいらっしゃいました。

 

外反母趾そのものは、中学生頃から変形が始まりましたが、現在に至るまで痛みが出ていません。

 

左足裏のタコは4年半ほど前から出来ていましたが、痛くなってきたのは3ヶ月ほど前でした。

現在では低めのヒールの靴を履いていますが、立ち仕事のため痛みが気になって困っていました。

 

K・Yさんは浮き指が顕著で、左の足指の動きや歩き方が非常に悪く、それが原因と思われました。

 

さっそくテーピングと生活習慣改善に取り組んだ結果、38日目であれほど悩んでいた痛みが気にならなくなり、52日目で痛みがほとんど消失したため、治療を終了しました。

 

初診時と終了時を比較すると、52日間ではさすがにタコは消失しませんが、左の浮足がほとんど改善されました。

 

また、足裏からの比較では右親指と人差し指の重なりが少なくなったことと、左人差し指が伸びたので、親指より長くなったことが確認できます。

 

タコの状態はほとんど変わっていませんが、足指でしっかり立ち、また歩くことでタコにかかる負担が減少したため、短期間で痛みが取れたと考えています。

 

K・Yさんには「こんな短期間で痛みが取れて嬉しいです。」とたいへん喜んで頂きました。

 

タコの痛みは当研究所でも、なかなか短期間で取れるものではないので、私もK・Yさんの笑顔を見てとても嬉しく思いました。

 

 

外反母趾研究所

〒175-0091

住所 東京都板橋区三園1-20-8

電話 0120-589-889

当院のFacebookページはこちら

http://on.fb.me/1w1lHSd

TOP