改善例12 K・H様(50代 女性 飲食店勤務)

外反母趾研究所・東京本部

0120-589-889

〒175-0091 東京都板橋区三園1-20-8

受付時間 月曜~金曜 9:00~11:30/15:00~19:00 初検の方・土曜は予約制
休診日 日曜、祝日

改善例12 K・H様(50代 女性 飲食店勤務)

改善例

2015/02/27 改善例12 K・H様(50代 女性 飲食店勤務)

kaezen12

 

 

K・Hさんは40代の頃から外反母趾の変形と親指の付け根の痛みが出始めました。

 

10年前から立ち仕事を始めましたが、4年前から症状が悪化して大学病院の足の専門医の診察を受けました。

 

レントゲン検査で親指の骨がズレている(脱臼)と説明があったのですが手術は希望しなかったので、インソールを作って経過を見ることになったそうです。

 

インソールで歩くのは楽になったのですが、患部のシビレと痛みは続き、特に起床時は痛みのため、すぐには足を床に着けられずに両手で壁につかまって立ち上がっていました。

 

このような状態でK・Hさんは当研究所にいらしたのですが、親指が脱臼していて変形が著明なため、保存療法での改善はかなり困難であることをお話しました。

 

しかし、K・Hさんは今後ご自分で事業を始める予定があり、今より少しでも足を良くしておきたいとの強いご希望がありましたので、治療をお受けすることにしました。

 

K・Hさんは『今後の自分の事業に支障が出ないような足に変えたい!』という、明確で強い目的意識がありましたので、通院、トレーニング、生活習慣の改善に真剣に取り組まれました。

 

その結果、治療開始29日目で痛みが半減、44日目で足指に少しずつ力が入るようになってきました。

 

75日目には起床時の第一歩がしっかり足だけで踏み出せるようになり、その後少しづつですが改善方向に向かい、203日目で痛みがほとんど消失したため治療を終了しました。

 

上の画像は初診時と終了時のものですが、当然ですが脱臼してしまった親指は元には戻っていません。

 

ただ、親指が少し太くなり、足の甲の部分に厚みが出てきています。

 

また、ピッタリとくっついていた親指と人差し指の間にわずかですが隙間ができており、退化していた足が改善方向に向かっているのが分かります。

 

約半年でこの状態になりましたので良い生活習慣を続けていくことで、これから年々しっかりした足になっていくことでしょう。

 

外反母趾研究所

〒175-0091

住所 東京都板橋区三園1-20-8

電話 0120-589-889

当院のFacebookページはこちら

http://on.fb.me/1w1lHSd

TOP