足のトラブルで医療機関を受診された方へ その1

外反母趾研究所

0120-589-889

〒175-0091 東京都板橋区三園1-20-8

受付時間 月曜~金曜 9:00~11:30/15:00~19:00 初検の方・土曜は予約制
休診日 日曜、祝日

足のトラブルで医療機関を受診された方へ その1

足の障害コラム

2017/08/24 足のトラブルで医療機関を受診された方へ その1

このブログを読んで頂いている方の中には、外反母趾などの足のトラブルで医療機関を受診された方も多いと思います。

 

その時のことを思い出して頂きたいのですが、診察された先生はあなたの話をよく聞いて原因について説明くれたでしょうか?

 

48-1 外反母趾研究所を訪れるクライアントさんの受診歴を伺うと「足に合う靴を履いてください・インソールを作りましょう・靴屋さんを紹介します」そして「それでも悪化するなら手術しかないですね」で説明が終わってしまった経験をお持ちの方が少なくありません。

 

そして、履物に注意を向けても症状が改善せず「手術になるまで放置したくないから」と思われた大勢の方が、外反母趾研究所にご相談にいらっしゃいます。

 

足に合う靴を履くだけで(テーピングやサポーターも同じことですが)症状が改善されるなら、足のトラブルでお悩みの方がこれほど多くはないだろうと私は日々実感しています。

 

現在の保存療法は靴やインソールやテーピングが主流ですが、なぜそれらを使うと足のトラブルが改善されるのか、具体的な説明がされないまま処方されているケースも多いようです。

 

私は足のトラブルを『悪い歩き方による足の退化』という観点から捉えているので、クライアントさんの日常生活の情報を聞き・足を触り・素足の歩き方を観察して「あなたの足のトラブルの原因は悪い歩き方にあります」と説明しています。

 

それを客観的に示すものとして、フットルック(足裏バランス測定装置)測定や歩行状態のビデオ撮影を行い、それらと正しい立ち方・歩き方を比較しながらクライアントさんに問題点を指摘しています。

 

48-2  

言葉だけでなく実際にビジュアル化して、それを第三者の視点で確認してもらうと、今まで自分がどれだけ悪い立ち方・歩き方をしていたのかがよく納得して頂けるからです。

 

先生に足を触って診察してもらえましたか?

 

医療機関で診察を受けた時、先生はあなたの足を触ってくれたでしょうか?

 

もしかして、レントゲン検査の結果だけで「足に合う靴を履いてください・インソールを作りましょう・靴屋さんを紹介します」と説明して診察は終わっていなかったでしょうか?

 

実際、毎日多くの患者さんを診察している保険診療の医療機関では、ひとりの患者さんにじっくりと時間をかけて診察することは難しいことだと思います。

 

しかし、これだけ足のトラブルでお悩みの方が多いのですから、【足のトラブル=足に合わない靴】だけで片付けるのではなく、もっと違った観点からアプローチすることも必要ではないでしょうか。

 

痛みの部位・指の浮き具合・親指の反り具合・指の筋肉の付き具合・指の関節の動き・親指の付け根の太さ・タコのできている箇所・横アーチの緩み具合・足首の動き…

 

私はクライアントさんの足を触ってこのような情報を得ることで、この方は普段どのように歩いているのか・どのように指を使っているのか・どのようなリハビリが最適なのか・手術をしないで改善が可能なのか等々を判断しています。

 

このような段階を踏むことで、足のトラブルの原因が悪い歩き方にあり、それを変える努力をすれば根本的な改善が可能であることを理解して頂けると、クライアントさんの治療に対するモチベーションは非常に高くなります。

 

私のクライアントさんは「症状の原因についての具体的な説明をしてもらえなかった」「歩き方の改善指導は受けたことがなかった」という方がほとんどなので、診察が終ると「希望が持てました!」と皆さん素晴らしい笑顔でお帰りになります。  

 

外反母趾研究所

〒175-0091

住所 東京都板橋区三園1-20-8

電話 0120-589-889

当院のFacebookページはこちら

http://on.fb.me/1w1lHSd

TOP