足のトラブルを解決する『ゆりかご歩き』とはどのような歩き方なのでしょうか?

外反母趾研究所・東京本部

0120-589-889

〒175-0091 東京都板橋区三園1-20-8

受付時間 月曜~金曜 9:00~11:30/15:00~19:00 初検の方・土曜は予約制
休診日 日曜、祝日

足のトラブルを解決する『ゆりかご歩き』とはどのような歩き方なのでしょうか?

足のコラム

2019/03/06 足のトラブルを解決する『ゆりかご歩き』とはどのような歩き方なのでしょうか?

 

足のトラブルの原因となる『悪い歩き方』は【指を使わない歩き方】のことで、もっと細かく分析すれば【歩行サイクルの中で指が体重を支えていない歩き方】です。

 

外反母趾・内反小趾・浮指などの変形は、指が体重を支えていないことで指の筋力が低下して退化した結果です。

 

また、指ではなく指の付け根で体重を支えて歩くため、ストレスが蓄積されて指の付け根に痛みが出たりタコや魚の目ができます。

 

これに加えて踵からではなく足裏から接地して歩くことで、足底筋膜などの足裏の軟部組織や指の付け根に地面からの衝撃ストレスが蓄積されていきます。

 

本来、指を使った正しい歩行をしていると、足裏の接地面は踵~足裏~指とゆりかごの動きのように順次移動していきますが、足のトラブルを抱えた方はこの接地面の移動ができていません。

私は足のトラブルを解決するために、このようなゆりかごの動きを再現して実践できる歩行改善アプローチを行い、その歩き方を『ゆりかご歩き』と名付けました。

 

『ゆりかご歩き』は指を使って歩くことを目的としていて、具体的に言えば【体重を踵から指までスムーズに移動させる歩き方】です。

 

動いているゆりかごをイメージして頂けると分かりますが、地面に接する部分はなだらかなカーブの形状で前後に移動を繰り返しています。

 

足裏の接地面がこのような動きを自然にできるようになれば、一部分だけに地面からの衝撃ストレスが蓄積されずに指で体重を支えながら歩くことが可能となります。

 

『ゆりかご歩き』の効果を簡単にまとめると次の3つになります。

 

1.一部分だけにストレスを蓄積させない衝撃緩和効果

2.指で体重を支える筋力トレーニング(リハビリテーション)効果

3.足首が動きふくらはぎが収縮することによる循環改善効果

 

これらによって、指の付け根の痛みやタコ・魚の目を減少させ、外反母趾・内反小趾・開張足・浮き指などの進行防止や改善が可能となります。

 

 

ここで注意しなければいけないのが「指を使わない歩き方をしているなら、指に力を入れて歩くようにしよう!」と自己流で歩き方を変えてしまうことです。

 

実は『ゆりかご歩き』は単に指に力を入れて歩くという単純なものではないので、自己流で指に力を入れて歩いてしまうと逆に足のトラブルの原因になってしまいます。

 

巷で言われている『指で地面蹴るように・掴むように歩く』ことを指に力を入れて実践すると、かえって足を痛めてしまうことになります。

 

外反母趾研究所は歩行について、足の接地・つま先の向き・足裏の接地面の体重移動・指の力の入れ方などをチェックしていますが、【足首から下の働きだけに問題がある】とは考えていません。

 

その他にも、膝や股関節の動き・重心の移動・ボディバランスなどの体幹の使い方も含めた総合的な観点から歩行分析を行い、個人に合った『ゆりかご歩き』を指導しています。

 

靴やインソールだけで歩き方を変えようとしても、体幹の使い方も含めた総合的なアプローチがなければ、歩き方を根本から改善させることには限界があると考えています。

 

■■□―――――――――――――――――――□■■

外反母趾研究所

【住所】
〒175-0091
東京都板橋区三園1-20-8

【電話番号】
0120-589-889

【診療時間】
月曜~金曜 9:00~11:30/15:00~19:00
土曜 予約制

【定休日】
日曜、祝日

■■□―――――――――――――――――――□■■

TOP