外反母趾の痛み・治療|手術をしない外反母趾研究所・東京本部

外反母趾研究所・東京本部

0120-589-889

〒175-0091 東京都板橋区三園1-20-8

外反母趾研究所は外反母趾の根本的な原因が悪い歩き方あると考え、『ゆりかご歩き』という歩行改善法を用いて根本改善に取り組んでいる外反母趾専門院です。

外反母趾の症状

外反母趾の変形

外反母趾の足

外反母趾は親指が第2趾の方向へ曲がる変形ですが、男女比では圧倒的に女性に多く発症し、その比率は2:8もしくは1:9とも報告されています。


外反母趾の分類は親指つけ根の外反母趾角という角度によって判定されています。


角度による分類基準は医療機関によって多少見解が異なっていますが、外反母趾研究所では15度以下が正常、15~20度が軽度、20~40度が中程度、40度以上が重度と分類しています。


外反母趾角が40度以上の重度になると親指の骨は亜脱臼してしまうため、保存療法での対応は困難となり病院での手術適応となってしまいます。

外反母趾の痛み

母趾つけ根のストレス

「外反母趾は親指が曲がってくるから痛む」という認識を持っている方が多いようですが、曲がっている親指をさらに第2趾の方向へ曲げても痛みが発症することはほとんどありません。


親指のつけ根の痛みは歩く時に出ることが圧倒的に多く、長時間歩いて靴を脱いだ帰宅後に発症するケースもありますが、どちらも「歩き」が大きく関与しています。


この痛みは、悪い歩き方によって親指のつけ根に蓄積されたストレスが、患部を通過する足底神経や関節包・骨膜の神経を刺激して発症するものと外反母趾研究所では考えています。

外反母趾のつけ根の膨らみ

骨頭部痛

外反母趾になると親指の曲りばかりに意識が向いてしまうため、親指のつけ根全体が太くなっていることに気づかないことが多いです。


親指のつけ根全体が太くなるのは悪い歩き方で繰り返されるストレスによって、患部の関節包・骨膜・毛細血管が損傷を受け発症した血腫が骨化したものだと外反母趾研究所では考えています。


経過年数の長い外反母趾の場合、急性炎症の腫れとは明らかに違って親指つけ根の骨が膨隆している硬い触感が認められます。

骨頭部レントゲン

このレントゲンは外反母趾のクライアントさん(60歳・男性)の親指のつけ根ですが、右の正常な状態と比べると周囲が異常に骨化して種子骨にまで同化しています。

外反母趾の先端の反り上がり

反り母趾

外反母趾は親指が曲がるだけではなく先端が反り上がる傾向があり、外反母趾研究所ではこの状態を「反り母趾」と呼んでいます。


『悪い歩き方』をしていると親指は腹の部分ではなく、つけ根の部分で体重を支えるために、親指の先端を曲げる働きの長母趾屈筋が使われずに退化してしまうので先端が反り上がってしまいます。

歩行時の反り母趾

外反母趾の方は親指の曲りばかりに意識が向いて、先端が反り上がってがっていることに気づいていないことが多いです。

男性の外反母趾

男性の外反母趾

外反母趾=女性のイメージがありますが、もちろん、男性でも外反母趾になってしまいます。


ただ、女性と違ってハイヒールなどの足に負担のかかる靴を履かないことや、女性よりも筋力があり多少の変形では痛みが出ないため本人にはあまり意識されることが少ないようです。

意外に思われるかもしれませんが、外反母趾研究所に来院される外反母趾の男性の方は、趣味のスポーツなどで足をよく使う方が多い傾向にあります。

IP関節外反母趾

IP外反母趾

(右母趾がIP関節外反母趾・左母趾がMTP関節外反母趾)


外反母趾には、親指の第1関節から先が外反しているもの、第2関節だけ外反しているもの、第1・2関節の両方が外反しているものがあります。


医学用語では、親指の第1関節をIP関節、第2関節をMTP関節と呼んでいるので、親指の第1関節から先だけが外反しているものはIP関節外反母趾と呼ばれています。

IP外反母趾X-P

IP関節外反母趾のレントゲン写真を見ると、親指がIP関節から外反しているのではなく、親指の末節骨(先端の骨)そのものが外反変形していることが確認できます。


ですからIP関節外反母趾ついては、保存的療法で末節骨変形を改善・矯正させることはできません。

外反母趾の原因

外反母趾の原因については先天性のものと後天性のものがあると報告されています。


先天性のものは遺伝的な要因で、生まれつき足の形が扁平足・開張足・親指が長い・踵骨外反(過回内足)であると外反母趾になりやすいとされています。


後天性のものは大きく分けて履物の影響とそれ以外の要因が指摘されています。


履物については、ハイヒールや先の細い靴による圧迫が一番に挙げられています。


履物以外の要因としては、過回内・肥満・アーチ構造の崩れ・関節の緩み・筋力低下など諸説あります。


外反母趾が女性に多い理由としては、関節が柔らかい・筋力が弱い・女性ホルモンのアンバランス・細身の靴を履くことが多いことなどが指摘されています。


外反母趾研究所の見解は外反母趾の根本的な原因は悪い歩き方にあるとしています。


具体的には『悪い歩き方』を続けることで過回内が発症したり、筋力低下によって横アーチが崩れて外反母趾が進行すると考えています。

外反母趾の治療法

治療法については保存療法と手術に分けられます。


痛みや変形が軽度から中程度の場合は保存療法が選択され、病院・整形外科では医師の診断に基づいて、専門の義肢装具士が制作するインソールや靴を処方され、グーパー運動やタオルつかみ運動が指導されています。


治療院などでは治療家の判断によって、テーピング・関節矯正・ストレッチ・マッサージ・筋トレなどいろいろな療法が用いられています。  


手術は、痛みや変形が重度のケースや保存療法を続けても症状が改善しない場合などに行われています。


外反母趾研究所では、外反母趾の根本的な原因が『悪い歩き方にあると考えているため、軽度から中程度の外反母趾に対して歩行改善アプローチを行っています。

外反母趾とその他のトラブル

外反母趾と浮き指

外反母趾と浮き指

外反母趾の方は体の重心が後ろに片寄っていて(後方重心)、踵に体重をかけ過ぎて立ったり・歩いている傾向があります。


このため、指が体重を支えなくなるので屈筋(指を握る筋肉)が退化して指が次第に浮き上がるようになります。


この指の形状は浮き指と呼ばれて、外反母趾の足には必ずみられる症状のひとつです。

外反母趾とバニオン

外反母趾のバニオン

バニオンは滑液包炎とも呼ばれ、親指のつけ根の骨と皮下組織の間にある滑液包が炎症を起こして腫れや痛みを発症します。


滑液包は滑液が入っている小さな袋のことで、腱や筋肉が動く時に骨との摩擦を少なくするクッションの役目をしています。


滑液包に過剰な摩擦や圧迫が加わることで炎症が起こり痛みが生じ、滑液の分泌量が多くなり滑液包の中に過剰な滑液が溜まるのがバニオンです。


外反母趾のバニオンは出っ張った親指のつけ根の外側の滑液包が、靴の摩擦や圧迫で炎症が起こり発症すると考えられています。

外反母趾と開張足

外反母趾と開張足

開張足(かいちょうそく)とは足の横アーチが崩れて横幅が広がってしまう足のことです。


横アーチが崩れる原因として、靭帯の緩み・女性ホルモンのアンバランス・肥満・関節の緩み・筋力低下などが指摘されています。


外反母趾研究所では『悪い歩き方』によって、横アーチの構成に関与する筋肉が衰えることが開張足の根本的な原因と考えています。


外反母趾は開張足が進行するのに比例して症状が悪化します。


開張足の著明な進行は中高年の女性に多くみられるため、外反母趾の変形や痛みの進行もこの時期に自覚されることが多くなります。

外反母趾とハンマートゥ

外反母趾とハンマートゥ

ハンマートゥは指先の形状がハンマーの頭のように見えることから命名された指の変形です。


ハンマートゥは第1関節が反って指の先端部分だけが接地して、第2関節は曲がり第3関節が過度に反り上がるため指全体は縮こまった形状をしています。


歩行指導で「地面をつかむように歩く」と言われることがありますが、これを忠実に行うと指先だけに力を入れ過ぎるため、長期間続けばハンマートゥになってしまいます。


外反母趾研究所が提唱する『ゆりかご歩き』は、指に力を入れて「地面をつかむように歩く」ことではありません。

外反母趾とタコ・魚の目

外反母趾とタコ

多くの外反母趾の足裏には指のつけ根の部分にタコができています。


指のつけ根で蹴り出すように歩いていることが原因なので、削ってもしばらくするとまたタコができてしまいます。


日常生活の中で指のつけ根にストレスを蓄積させないように歩くことが根本的な予防・改善につながります。

外反母趾とモートン

中足骨骨頭部

モートン神経腫と呼ばれる第3・4趾に好発する痛みやしびれは、指のつけ根の部分を走行する足底神経(黄色の線)に腫瘤ができてしまうことが原因とされています。


なぜこの限局した部分に腫瘤ができるのか明確な指摘はないようです。


外反母趾研究所は『悪い歩き方』を続けることで第3・4趾のつけ根の部分に長期間ストレスが蓄積された結果、足底神経に腫瘤ができたと考えています。

当院は東京都にある外反母趾専門院

外観

外反母趾治療の専門院をお探しなら、1999年の開設以来、東京だけではなく日本中からクライアント様が集まる外反母趾研究所・東京本部におまかせください。

外反母趾研究所・東京本部はアメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、オーストラリア、中国など海外在住の日本人の方からも歩行改善指導の依頼を頂いている外反母趾の専門院です。

代表の古屋達司は、日本柔道整復接骨医学会認定柔道整復師と、ドイツヘルムートルックポドロジーカレッジ認定ポドロジースペシャリストの資格を取得しており、日本足の外科学会準会員でもあります。

専門家による歩行改善のアドバイス

早期の治療が大切です

外反母趾治療とゆりかご歩き

歩行改善のアドバイスを受けるなら、『ゆりかご歩き』を指導している、外反母趾研究所・東京本部におまかせください。

指を使って歩くことは、指に力を入れて歩くことではありません

 

歩行改善を自己流で行うと症状を悪化させてしまう可能性がありますので、必ずボディバランスから歩行分析できる外反母趾研究所東京本部の専門家におまかせください。

歩き方改善に早期から取り組むことで、手術を回避することも可能です。

 

東京にある外反母趾専門院

丁寧な事前の
カウンセリング

ポイント1

しっかりと症状を伺います

まずは、カウンセリングで症状を伺っております。
痛む部分、痺れの有無、普段はいている靴、生活習慣等のヒアリングをした後、痛む箇所や足指の浮き具合、足首等、原因を探るために細かく確認をします。

外反母趾施術の前に
歩行確認

ポイント2

ビデオ撮影による歩行分析

歩行状態をビデオで撮影して、足の着き方やつま先の向き、体重移動の方向や指の使い方、ボディバランス等、多方面からチェックを行っております。
その後は、一緒にモニターでビデオを確認し、ご自身でも認識して頂きます。

バランスを重視した
歩行改善指導

ポイント3

歩き方のトレーニング

歩行改善指導では、悪い歩き方を改善するために、歩き方や立ち方の指導を行っております。
無意識に行っている歩き方が原因で、外反母趾が発症し、悪化すれば膝や腰にまで障害が出るようになってしまいます。

外反母趾治療ならおまかせください

外反母趾の専門院をお探しなら、外反母趾治療専門の外反母趾研究所・東京本部におまかせください。

当院では、外反母趾の原因が悪い歩き方にあると考えており、根本的な改善のため、『ゆりかご歩き』の指導を中心に行っている専門院です。


歩行改善を行うことで現在の痛みを軽減させて解決するだけではなく、外反母趾の根本的な原因も改善されるため、再発や悪化の防止にもなります。


いつまでも、自分の足で痛みなく歩いて頂くため、一日でも早い歩行改善をおすすめします。

また、痛みの出ていないお子さんでも「かくれ外反母趾」の可能性もあるため、できるだけ早く歩行改善に取り組んでください。

新50
50

お問い合わせはこちら

携帯電話の方は画面右上最上段の『MENU』ボタンの「お電話はこちらから」よりお電話ください。

TOP